専業主婦だった私がアフィリエイトで法人化するまでと、兼業主婦社長の1日

 

6年以上前、仕事を辞めて専業主婦になったころは、今みたいに在宅で仕事をして、法人化までするなんて、全く想像していなかった。

 

アフィリエイトバブルの寵児、ビアンカ・ウェブさんの成り上がりヒストリーをまとめてみたよ?

正直、運とか時代の波に乗ってるだけって言っちゃえばそのままで、あまり参考にならないかもなんだけど、まあ暇なときに読んでよね(^_-)-☆

 

成り上がりアフィリエイト<第1章> 節約主婦からライターへ

タイガーさんのブログタイトル、お借りしました。ごめんなさい。

問題あれば修正します!!

 

育児に専念したくて退職する

出産前までは共働きで、フルタイムで働いていたので私も月20万円くらいの収入がありました。

もともとは仕事はずっと続けるつもりでいたんですが、実際子どもが生まれるとなると、育児に専念したいと思うようになり、退職。

子どもが小さいうちは節約しつつ貯金をつかって生活すればいい、子どもが大きくなってから何かしら働けばいい、という安易な考えでした^^;

ちなみに、夫としては仕事を続けてほしかったみたいで、これが後々チクチク言われることになります…。

いやー。今考えれば、世帯収入が半減するんだから、私ももっとよく考えればいいのにね笑

 

節約がんばる主婦に

退職してからは、家賃が安く、実家に近い場所に引っ越して、節約生活を開始します。

どんな節約生活をしてたかというと・・

  • 嗜好品類は買わない。紅茶くらい、あとはたまにお菓子。
  • 1日の食費予算1,000円。肉魚なしで、厚揚げとかが主菜の時あり。
  • 雑貨も極力買わない。日焼け止めのみでほとんど化粧しない。
  • 保険料は夫にかなり安い生命保険と、あとは医療保険だけ。
  • 新聞購読をやめた
  • 電気代節約の一環でテレビを捨てた
  • テレビを廃棄したっていう証明書をもらって、NHK受信料の引落しを止めてもらった。当時はパソコンとか携帯電話があるから云々は言われなくて、テレビ廃棄証明だけでOKでした。
  • 遊びに行くのは実家か公園。有料の遊び場は数カ月に1回。実家に行った時は、おかずをもらって帰る
  • どこかに行く用事があると、実家の車で送ってもらう

このような感じ。

 

いくら削れるかってゲームみたいに楽しんでたけど、夫は「いつも節約節約、金ない金ない言われるのが嫌だ」って言ってました。

あと、改めてふりかえってみると、実家にたかりすぎですね…。真の節約ではなかったです。

 

収入増やすほうに方向転換

節約に熱を上げていろいろ調べるうちに、「支出を減らすより収入を増やすことに労力を費やす方が効果的」という記事(どこの記事かは忘れた)に出会います。

たしかにそうだ!と感化されて、育児しながら出来る在宅ワークをやるぞ!と決心して、「これからは節約がんばるよりも、家で仕事して収入増やすよ!」とその場で夫に宣言。

在宅ワークについていろいろ調べた結果、ライターをやってみることにしました。

SOHOサイトに登録する本格的なものでなくて、「ブログライター」と呼ばれている、サイト内で投稿するタイプのものです。

 

調べているときにアフィリエイトについても知ったのですが、アフィリエイトは作業しても必ず報酬に結びつくとは限らなくて、当時の私からすると、博打的なものに思えたので、書けば確実に報酬になるライターを迷わず選択。

当時、いろいろなサイトに登録してみましたが、ランサーズクラウドワークスなどクラウドソーシングで受注してみたら、他よりかなり良い条件で契約できたので、そちらがメインになりました。

 

もともと書くのは好きだったのもあり、記事の品質はほめてもらえて、ライターの仕事はわりと順調だったと思います。

ただ、キーワードを指定されても、どんな内容を書いていいのかよくわからなくて、なるべく当たり障りのない内容を書くようにしていたので、今の自分から見たら全然良くない、どこにでもありそうな他と同じような内容の記事でした。

(だからね、ライターさんへの発注をする時には、できるだけ、他と違うオリジナルの内容を書いてほしいとか、どんな記事にしてほしいかを細かくきちんと伝えるべきだと思ってるんです!→高品質外注のコツ

 

実はブログもやってた

ライターとして記事を書く片手間で、『ランサーズで月⚪︎万円稼ぐ主婦のブログ』みたいなタイトルのブログを書いていました(※削除済み)笑

ランサーズ登録のアフィリリンクはって、アクセス解析入れたり、ランサーズの複合キーワードで上位表示できたーとかやってましたね…。

思えばそれが初めてのアフィリエイトだったな。最後の頃は、月に3人くらい登録してくれていたはず。

自演リンクのことは知らなかったので、完全にホワイトハットでした。

 

育児との両立が困難に

ランサーズでライターをやって、月3万円くらいの安定した収入にはなったのですが、もう少し報酬を伸ばしたいと思っても、下の子も生まれて、夜中もしょっちゅう起きるし、なかなか時間が取れません。

つい欲張って、多めに受注してしまって、納期に間に合わせられなくて、昼間も仕事してしまったり・・

このままではいけないと思って、ライターの仕事はやめようと決意しました。

 
そのとき、アフィリエイトなら締め切りもないし、自分のペースでできるなって思ったんですよね。

(あとは、アフィリサイトの記事のキーワード選定から全部やる仕事をしていて、これ自分でやったら全部自分の収入になるじゃないかって気づいたのも大きいです。自分の記事の一文で検索したらサイト見つかって、どうやってSEOするのかも勉強出来たり

アフィリエイトなら締切がないから、家庭を最優先できるから!って夫にこれまた宣言して、アフィリエイトをやり始めました。

 

成り上がりアフィリエイト<第2章> 10円からの始まり

そんなこんなでアフィリエイトを始めたのが2013年3月。

初めて作ったアフィリエイトサイトは、ストライダーのレビューサイト(無料ブログ)でした。

http://www.strider.jp/より)

楽天アフィリを貼っていて、初めて売れたのがストライダーのスペアサドル(1,000円なので報酬は10円)。

ストライダーのもともとのサドルはプラスチック製なんですが、クッション製のスペアサドルも売っていて、ストライダーのサドルが痛い時はそのクッション製のスペアサドルに交換すると良いですよって紹介していたんですよね。

「ストライダー サドル 痛い」というキーワードで検索してきた人がスペアサドルを購入してくれたようでした。

 

どこかの家で、せっかくストライダーを買ってもらった子がいたのに、サドルが痛くて困ってたのかもしれない。

自分の記事が、もしかしたらその子の役に立ったのかもと思ったら、とても嬉しかったのを覚えてます。

その10円が私のアフィリエイターとしての原点です。

(※サイトは残念ですが、報酬が上がらなくなった時点で削除してしまいました☆)

 

先人のブログを参考に独学でアフィリ

アフィリエイトサイトの作り方、記事の書き方は、パシさんのブログや、アメブロのまどか先生のブログをかなり参考にしました。

そのブログを知っていたわけでなくて、知りたいことをロングテールなキーワードで検索したら、その2つのブログが出てきて、それで何記事か読んでみて、このブログいい!!ってなって、お気に入り登録して全記事読んで。

良いサイトってこういうことなのかなって思います。

基本的なサイトの作り方はパシさんのブログで、本当細かい疑問にきちんと答えてくれるくらい、詳しく書いて下さっていましたし、まどか先生のブログの方も、商品をどう勧めるのかとか、かなり勉強になりました。

 

ASPアフィリエイトを始める

はじめは楽天アフィリから始めたのですが、だんだんASPのアフィリエイトにも挑戦するようになります。

はじめのうちは、自分の育児など、実体験ベースのレビューサイトを作っていました。

一応、今でも現役のサイトなので、ジャンルとかはまあ、ご想像にお任せします笑(知ってる人たちは知ってるよね笑)

 
今公開しているサイトもそうですが、私の作るサイトは、実際に使ってみたレビューサイトが多いです。

なんでなのかなというと、レビュー記事を書くのが好きなのもあるけど、サイトを作る時はいつも、「どんなサイトがあったら自分は嬉しいか。」を基準に考えるんですよね。

その答えが私の場合は、レビューサイトなことが多いんだと思います。

 

最初の当たりサイト

で、これは知ってる人はよく知っているサイトなのですが、初めて1サイトで月7桁いく当たりサイトができます。

これは、レビューでも何でもなくて、全く興味もないジャンルだったんですが、このジャンルが今旬だよっていうのを知って、とりあえずYahoo!のサジェストキーワードでサイトを作ってみて、たまたまうまく上位表示できた、という感じです。 初めての高単価案件(1万円近い)でもありました。

いまの脱毛サイトもそうなのですが、最初からがっつり作り込んでいたわけではなくて、とりあえず30ページくらいのサイトを作ってみて、順位が上がりそうだったらどんどん作り込んでいっています。(ブラックハットSEOだったから、作り込む前に順位が上がるわけですが…^^;)

作ってみたけど、日の目を浴びることないサイトも数知れず(^_^)

実はFXサイトも作ったことあります笑

 

さて、その当たりサイトがでてからは、ツイッターをやり始めたり、担当さんがついたりして、かなり情報ももらえるようになり、おすすめされたジャンルを作ってみるようになりました。脱毛もその一つです。

 

家庭でのあつれき

アフィリエイトがうまくいくようになって、問題になってきたのが、「アフィリ楽しい!もっと作業したいのに、時間がない…」っていう私 vs 「育児に専念したいって(勝手に)仕事辞めたのに、(勝手に)仕事始めて、家事育児に専念できなくなってるじゃないか」「アフィリは締切がないから家事育児を最優先できるんだろ?」っていう夫との戦いです。

基本的に夜に作業していたんですが、下の子がまだ2歳くらいだったので、けっこう夜中に起きたりするんですよね。

そういう時、旦那がみてくれればいいのに!って私は思うけど、子どもは私じゃないと泣きやまない。

本当は月10万、いや5万でも十分だったはずなのに、どんどん欲が出て、上を目指してしまう

それでイライラしちゃっていて、このころが一番良くなかったです。

ツイッターやり始めていたので、夫の愚痴とかよく言っていたのを覚えている人も多いはず笑

 

子どもを預けるのか預けないのか

アフィリエイトにはまり始めると、もっと作業したいってなるはず。

月いくらっていう目標金額を達成しても、それが続く保証はないし、まわりと比べたりしてしまうと、どんどん上を目指すしかなくなっていく。

私はすでに個人事業主になっていたし、子どもを保育園に預けるという選択肢ももちろんありました。

そこでそうしなかったのはやっぱり、子どもと一緒にいる生活を捨てたくなかったからかな。

それは、一緒にいるほうが子どもにとって良いというのではなくて、自分がそうしたかったというだけです。

子どもが保育園に行ってかわいそうなのは、親がかわいそうだと思いながら預けているときだけだと思います。

それと同じように、子どもがいなければ仕事できるのにと思っているならば、むしろ預けないほうがかわいそう。

預けるにしても預けないにしても、そうと決めたらそれが最善だと親が心から思って、選んだ道を歩むこと

私が保育園に預けたらきっと、預けないほうが良かったかな、やっぱりやめればよかったとかずっと考えてしまう。そう分かっていたので預けませんでした。

 

保育園に預けなかった場合のアフィリエイト時間の作り方

保育園に預けないと決めたら、あとはもう、子どもが寝ている時間に仕事するしかありません。

それか、夫の休みの日に子どもを遊びに連れて行ってもらって仕事するかなんですけど、それも毎週だったら家族の時間がなくなってしまうので、月1、2回です。

私の場合、脱毛サロンのレビューのために体験取材に行くので、土日はそれで終わってしまいます。

 

子どもが昼寝していたり、テレビを見ていたりするちょっとした空き時間に記事を書いてみたこともありますが、そうすると、「あとちょっとだからちょっと待ってー!」とかなってしまうので、結局そういうちょっとした時間は、ツイッターとか、メールの返信とか、ツイッターとか、記事のためのメモとか、ツイッターとかにとどめて、夜や早朝など一人になれる時間に記事は書くようになりました。

 

そして法人化へー兼業主婦社長の1日

脱毛サイトが成功してから法人化までのことは前記事でも書いたので省略しますが、だいぶ仕事と家事育児の両立も板についてきて、家庭平和が訪れている今日この頃です。

ここで、皆さん興味深々!兼業主婦社長の仕事と家事育児の両立の様子を見てみましょう。

(※兼業主婦って、仕事をしていない主婦→専業主婦、仕事をしている主婦→兼業主婦って認識で書いてます。アフィリ以外の仕事はしてません!)

 

【理想】

朝4時 起床、アフィリエイト作業

5:30 夫起床

6:00 子ども起床、朝ごはんとお弁当作る(※毎日お弁当作ってるんですよー!偉いでしょ!)

朝食、朝の家事(洗濯物干し、布団片付け、皿洗い、子どもの身支度)

9:00前 幼稚園見送り、下の子と外出、ルンバ始動

14:00 お迎え

家で遊ぶか、友達と遊ぶか、習い事。

(ちょっとした合間に、スマホでメールチェック、記事書きのための思いつきをメモ。)

17:00 夕方の家事(夕食作り、風呂準備、布団敷く、洗濯物取り込み)、お風呂

19:00 夕食、夫帰宅

20:00 子ども寝かしつけ

片付け(皿洗い、洗濯物たたむ)、夫との時間

23:00 寝る

 

【現実1】

5:30 夫起床、リビングで週間少年サンデーを片手に寝る私を発見。電気つけっぱなし。

起きようと努力している姿勢を見せながらギリギリまで寝てる。

6:00すぎ 目が完全に覚める。夫が洗濯機まわして、味噌汁作ってる。

(日中はほぼ同じ)

22:00 パソコンやり始める。

23:00 夫就寝

1人になってパソコン加速!

2:00くらいには集中力途切れて寝る。

 

【現実2】

途中までほぼ上と同じ。

20時〜21時に寝かしつけで寝落ち。

爆睡

翌朝6:00に起床。

 

うん。言わないで。分かってる。

見習わないようにしましょう。

 

もんぷちさんを目指しましょう!!!私も朝型になりますよ!!!(現在時刻AM1:11)

 

家事は手を抜けるだけ抜く

そもそもアフィリと関係なくですね。幼児2人いて、完璧に家事とかムリです。

食事はできたら30分~遅くても1時間で作れることを目安にしています。

ここ最近のメニュー♪

  • 冷しゃぶサラダ+味噌汁+浅漬け
  • スタミナ豚丼(玉ねぎ、人参を薄切りにして、豚肉と炒めて、砂糖・醤油・みりん・酒・にんにくすりおろしで味付け。ごはんにレタスを載せた上にタレごとかけて完成)+味噌汁+トマト
  • 焼うどん(野菜炒めセット野菜使用)
  • 干物+枝豆+温野菜(野菜切って蒸すだけ。登場回数多い)+味噌汁
  • 朝食や簡単ランチにおすすめ!チーズ野菜トースト(とろけるチーズの上に、人参ピーマンたまねぎみじん切りを載せて焼いただけ…ベーコンとか入れても美味しいと思うよ☆)

時短料理LOVE!!!

肉じゃが、ハンバーグとかから揚げとかを普通に作るときもあるんですが、例えばハンバーグなら、あらかじめ野菜のみじん切りを作っておくと、とても楽ですね。そういう段取り苦手ですけど♡

お味噌汁は朝晩のぶんをまとめて作ってしまったり、お昼はお弁当・おにぎりにするので、昼のご飯は朝一緒に炊いたりして、なるべくまとめて調理します。

 

掃除は前は週1回掃除機だったんですが、ルンバを買ってからは、毎日外出時にルンバのスイッチを押すだけ!

週1掃除機だった時より格段に部屋がきれいです!!ルンバはもっと早く買えばよかった!!

 

これまでを振り返って

私がここまで来れたのは、たまたまその時旬になっていた案件で、たまたま上手く上位表示できてっていう運の部分がかなり大きいです。

 

運以外の要素で、時間がない中、わりと早めに結果を出せた理由を考えるならば、

  • うまくいくか分からないサイトを初めからガッツリ作り込むんじゃなくて、とりあえず小さめに作ってうまくいくやつだけ作り込む「割り切り
  • 作業が苦だとか全然思ってなくて、「純粋に楽しんでいた」こと。夜中に漫画や小説をつい読んでしまうノリで、楽しくてつい夜更かししてしまう感覚だったこと

かなーと思います。

 

まあ、上でも書いたように、はじめから作り込まずにうまくいったサイトだけっていうのは、ブラックハットSEOだったから出来た可能性ありますが・・・。

昼間仕事しない状況で、ホワイトハットで、はじめからガッツリ作り込むと決めたならば、時間かかると覚悟してください(※)。

 

時間かかります。コスメディナを見てください。全く進んでいません。

 

※ただ、今はコンテンツ作りこみで早く結果が出ることもあるかもしれないけど、逆に作り込んでも結果が出ないこともあるかも・・。

というのも、まわりがあまり頑張って作ってない中で、ガッツリ作ったら、ホワイトでもわりと早い結果が出るかもしれません。でも今のコンテンツ重視の流れの中で、まわりもみんな作り込んでいくなら・・その中で差別化するのは難しくなります。

私も、今後にいままでと同じようにやって、同じように結果出せる自信はないです。

やるしかないけど。そして、常に進化し続けなくてはいけない!

 

自分が求めるのは何なのか

 

あなたがアフィリエイトを通して実現したいものは何ですか?

 

専業になりたいのはなぜ?

作業をたくさんやりたいのは何のため?

 

家計が少し楽になること?

欲しいものややりたいことのため?

 

あの人はすごいって言われたいから?

他の人に負けたくないから?

 

サイトを作ることで人の役に立ちたいから?

 

良いサイトを作ったっていう自己満足のため??

 

 

金銭だろうが承認欲求だろうが、動機はなんだっていいんだけど、ツイッターやってたりすると特に、人と比べてしまったり人に影響されたりして、本当に自分が求めていたものや、自分にとって大事なもの、自分が目指しているものを見失ってしまうこともあるんじゃないかと思います。

私はたまにそうなりそうになります。

 

目指しているものも、そこにたどりつくまでの方法も人それぞれ。

自分で探すしかないし、誰かと比べて、あの人はすごいとか、勝ったとか負けたとかじゃない。

 

私にとってのアフィリエイトは、今は家計を支える収入源であるとともに、育児の良い息抜きになる、楽しい趣味のような部分もあり、自分が良いと思うサイト、ユーザーの役に立っているんじゃないかと思うサイトが作れるととても嬉しいです。

 

今はまだまだ、サイト作りがとても楽しいし、新しい企画とかも、いろいろ挑戦していきたい。

でも、その一方で、一生続けていきたい生きがいとは違うかなとも思っています。

 

10年後の自分が何をしているかは分からないけど、常に目の前のことを一生懸命やっていたい。

 

一度しかない人生、後悔ないように生きたいんだよね。

 
ビアンカ・ウェブの自己紹介と運営サイト紹介はこちらの記事へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。